ユニカルカルシウム Q&A

  1. 粒と顆粒(微粉)ではどんな違いがありますか?
  2. 水やお湯(白湯)に溶かして飲んでも大丈夫?有効性に変わりは?
  3. 製造場所と原産国はどこですか?
  4. カルシウムを飲む場合、効果的な飲用タイミングや方法などは?
  5. お茶・コーヒー・お酒・牛乳との飲み合わせは?
  6. 食品との飲み合わせで、気をつける食品や成分は?
  7. マグネシウムは入っていますか?
  8. 摂り過ぎ・続けすぎの体への影響は?多く飲めばそれだけ効果あり?
  9. 子供に飲ませても大丈夫ですか?子供のカルシウム上限値は?
  10. 子供に飲ます場合は何歳から大丈夫ですか?
  11. 年をとってからユニカルカルシウムを飲んでも骨密度は増えますか?
  12. カルシウムをとるとイライラしなくなりますか?
  13. 食品からはどのくらいカルシウムが摂れますか?
  14. 骨粗鬆症薬など、医薬品との併用は問題ありませんか?
  15. カルシウム拮抗剤との併用は問題ないのか?
  16. サメ軟骨抽出物が配合されていますが、他のコンドロイチン商品との飲み合わせは?
  17. 妊婦で鉄剤や中毒症で出されている薬と併用しても問題はないか?
  18. 他のサプリメントとの飲み合わせは大丈夫?
  19. とってはいけない人は?どんな人でも飲むことができますか?
  20. カルシウムは免疫に関係するのですか?
  21. 物忘れの多い方に飲ませる場合のメリットはありますか?
  22. 歯槽膿漏とカルシウムの関係について教えて欲しい。
  23. 最近チョークの中にカルシウムをあえて配合しているものがあるがなぜ?
  24. 腰痛に効果はありますか?
  25. カルシウムの不足が起こると、副甲状腺ホルモンが働いて骨からカルシウムが溶け出ることは理解できるが、毎日の食事特に若い人が摂りすぎると甲状腺ホルモンが働きすぎて甲状腺肥大にはならないのか?
  26. アスリートが服用し続ける理由は?

粒と顆粒(微粉)ではどんな違いがありますか?

顆粒タイプは、ご年配で固形の粒を飲み込むのが困難な方や、寝たきりの方でも寝たままでお飲みいただけます。また、スティックタイプなので飲む量も調整でき、更においしいレモン風味のため、お子様でも飲みやすくなっております。

水やお湯(白湯)に溶かして飲んでも大丈夫?有効性に変わりは?

問題ございません。ご年配の方の場合は、お口の中の水分がないので、お召し上がりの前にお口をしめらせてからお召し上がりいただくといいかと思います。お子様や顆粒が苦手な方は、ヨーグルトやフルーツにかけてお召し上がりいただくと食べやすいかと思います。

製造場所と原産国はどこですか?

原産国と原料は、北海道のホタテ貝殻を主原料としております。製造は、富山の工場で製造しています。アレルギーの元となる牛骨粉や乳糖などの牛素材は使用していません。保存料・合成着色料も使用していません。牛乳アレルギーのあるお子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただきます。

カルシウムを飲む場合、効果的な飲用タイミングや方法などは?

サプリメントのため特段の決まりはありませんが、効率良く摂取するためには、食間などの空腹時にお召し上がりください。おすすめは、1回1包、1日3回で、起床時・おやつ時間・就寝時です。また、適度な運動と適度な日光浴は行ったほうがよいでしょう。運動によって腸からのカルシウム吸収が高まり、血液の流れがよくなり、骨をつくる細胞も活発になります。日光浴はビタミンD合成のため必要です。窓に手のひらを15分くらいかざすだけでも効果があります。飲用目的により4包飲まれるのであれば、間3時間を空けてお飲みいただけると効果的です。

お茶・コーヒー・お酒・牛乳との飲み合わせは?

お茶に含まれるタンニン・カテキン、コーヒーに含まれるカフェインは、それぞれカルシウムの吸収を阻害する場合があります。お酒のアルコールは、カルシウムの腸からの吸収を妨げ尿への排出を促進します。牛乳やお食事は、様々に含まれる栄養素がカルシウム吸収の若干ですが妨げます。また牛乳は、すでにユニカルカルシウムで200mgのカルシウム補給ができているため、カルシウム補給はそれ以上望めません。
飲み合わせに関し、きちんとした効果を期待するのであれば、水なしそのままかお水(または湯)でお飲みください。前述の効果的な引用方法もご参照ください。

食品との飲み合わせで、気をつける食品や成分は?

カルシウム補充剤は食事中の鉄分の吸収を若干阻害する可能性はありますが、あまり気になさる必要はありません。また、リンや炭酸飲料などは一緒に摂取しないほうが良いでしょう。食物繊維・シュウ酸(ほうれん草)・リン(清涼飲料水や加工品)・塩分などは多く食べると腸内でカルシウムとくっついてカルシウムの骨へ吸収を妨げたり、腎臓での活性ビタミンDの合成を邪魔したりします。相性がいい成分はクエン酸です。カルシウムはクエン酸と結合すると体内に取り込まれやすくなります。

マグネシウムは入っていますか?

よく目にするカルシウム剤は、通常マグネシウムも一緒に配合されています。配合理由は二つあり、一つはカルシウムの吸収率を高める効果、もう一つは吸収できなかったカルシウムが腸内に残り便秘を引き起こす原因となってしまうことによる下剤効果です。ユニカルカルシウムはほぼ100%のカルシウムが吸収されるため、便秘の心配はありません。但し、吸収率をより高めるため少量のマグネシウムを配合しております。

摂り過ぎ・続けすぎの体への影響は?多く飲めばそれだけ効果あり?

飲み続けると様々な健康改善が見込めるため是非続けてお飲みください。一度に摂り過ぎると人体に悪影響が及ぶ、ということはありませんが、人体が一度に吸収できるカルシウム量は胃液量により200㎎までと決まっております。成人の一日の上限量は、1日に2300mgです。もし仮に2300㎎を超えた場合でも「カルシウムを多量に摂取しても健康を害することは非常に稀である」と厚生労働省は発表しているため心配ありません。

子供に飲ませても大丈夫ですか?子供のカルシウム上限値は?

最近は幼少期から既にカルシウム不足が現状です。是非お子様にも積極的に飲ませてください。お子様の目標にしたい一日の摂取量は、母乳期/200mg~300mg、人工乳期/300mg~400mg、1~2歳/450mg、3歳以上/600mgです。お子様のカルシウム上限値は特に決まりはありませんが、節度をもってお飲みください。

子供に飲ます場合は何歳から大丈夫ですか?

何歳からでも問題はありませんが、赤ちゃんの授乳期・離乳食期はカルシウムの吸収率が非常に良いため(60%)摂取する必要はありません。通常食に移行する3歳を過ぎたあたりからカルシウム吸収率がガクンと落ちますので(30%程度)、積極的なカルシウム補給が必要です。

年をとってからユニカルカルシウムを飲んでも骨密度は増えますか?

ご年配の方でも骨密度が増える方がいらっしゃいます。弊社では多数の臨床実験や学会及び論文発表を行なっております。また、実際に骨密度の対策としてユニカルカルシウムを患者様に渡すお医者さんもおります。

カルシウムをとるとイライラしなくなりますか?

カルシウムは血液中に一定濃度で含まれており、この濃度が減少すると、交感神経が刺激され神経がうまく働かなくなり、神経や感情のコントロールがみだれ、イライラの原因となります。カルシウム不足はイライラのもととなります。

食品からはどのくらいカルシウムが摂れますか?

イラストを準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

骨粗鬆症薬など、医薬品との併用は問題ありませんか?

腎臓の薬や強心剤などを服用しておられる方は注意が必要です。しかし、内因性因子に大きく関わります。必ず担当医への相談が必要です。
※内因性因子とは、病気を引き起こす原因が外的なものではなく、からだの内部異常に起因するものを指します。カルシウムに関与する内因性の因子は下記のものがあります。
  1. 生体のカルシウムに対する必要度、あるいは栄養状態。
  2. 健康状態。
  3. 年齢。
  4. 情緒の状態。
  5. 身体の活動状態。
  6. 服薬の有無。

カルシウム拮抗剤との併用は問題ないのか?

カルシウム拮抗剤は、体内でのカルシウムの働きを抑えるお薬ですので、一般的に併用しても弊害の心配はありません。しかし、カルシウムの働きを消してしまうため、飲用してもあまり意味はなくなってしまいます。

サメ軟骨抽出物が配合されていますが、他のコンドロイチン商品との飲み合わせは?

特別に問題はありませんが、お互いの吸収率が若干下がってしまう可能性があるため、時間を空けて飲まれることをおすすめします。

妊婦で鉄剤や中毒症で出されている薬と併用しても問題はないか?

妊娠期は胎児に160mg-300mg/日のカルシウムが送り出されますので、母体は1,000-1,100/日のカルシウム摂取が必要になり、圧倒的なカルシウム不足に陥ります。従って妊娠期は積極的なカルシウム摂取が大切です。しかし、医薬品を飲まれる場合は、食事にも気をつける必要がありますので、必然的にサプリメントも担当医への相談が必要になります。

他のサプリメントとの飲み合わせは大丈夫?

世間一般的に、用法や量をしっかり守ればサプリメント同士の飲み合わせは問題ないといわれています。但し、お客様の飲用目的や用法により、稀に飲み合わせによる弊害が発現する場合がありますので、時間間隔、飲用量の調整などを行ったほうが良い場合もあります。

とってはいけない人は?どんな人でも飲むことができますか?

カルシウムはどんな方でも必要な栄養素です。ユニカルカルシウムは安全面でも考慮されている食品なので特段の問題はございません。但し、お身体の状態やお薬との飲み合わせもあります。別紙の薬との飲み合わせをご参照ください。病院に通われている方は、主治医の指示によりお召し上がりください。

カルシウムは免疫に関係するのですか?

免疫とは体内に細菌やウィルスが侵入してくると活動を始める作用で、免疫システムで重要な役割を果たすマクロファージ細胞に指示を出したり動かしたりするのがカルシウムです。カルシウムが不足すると、骨から溶け出すカルシウムが免疫細胞に入り込み、免疫システムの混乱が起きます。ですので、カルシウムが充足していれば免疫システムを正常に保つことができ、また、体内でウイルスなどと戦える強い細胞を作ることができます。

物忘れの多い方に飲ませる場合のメリットはありますか?

カルシウムが不足し骨から溶け出したカルシウムは、一度に大量に血液中に溶け出し、脳細胞の中にも押し込まれます。すると神経細胞が情報を伝えられなくなります。さらに、細胞内のカルシウムが多くなりすぎると、その細胞は死んでしまいます。脳細胞は神経細胞のかたまりですから、物忘れの原因となります。従って、脳細胞へのカルシウム進入を防ぐためにも十分なカルシウム摂取が必要です。

歯槽膿漏とカルシウムの関係について教えて欲しい。

十分なカルシウム摂取は、歯はもちろん、歯のまわりの骨や歯ぐきも丈夫にします。カルシウム不足によりここが弱ると、歯のまわりの組織が壊れてしまいます。悪化すると細菌感染の可能性もあります。歯槽膿漏は、歯のまわりの病気ですので、カルシウム補給が大変重要です。

最近チョークの中にカルシウムをあえて配合しているものがあるがなぜ?

チョークの原料はカルシウムが主です。最近は、卵の殻や帆立貝をチョークに混ぜる商品が発売されていますが、これは、汗での溶け具合、なめらかさ、硬度、重さ、などに若干の好影響があるようです。他には、廃棄物の再利用としての環境問題への取り組みもあるようです。

腰痛に効果はありますか?

腰痛には様々な種類がありますが、一般的な腰痛は、骨の老化・変形により骨が弱ったため、そのまわりの筋肉や人体に負担をかけて痛みを起こしているのが原因です。骨の強化にはカルシウム摂取が絶対に必要です。

カルシウムの不足が起こると、副甲状腺ホルモンが働いて骨からカルシウムが溶け出ることは理解できるが、毎日の食事特に若い人が摂りすぎると甲状腺ホルモンが働きすぎて甲状腺肥大にはならないのか?

甲状腺肥大の原因は、一部先天性のものがありますが、主に免疫に関わるものです。従って、働きすぎが原因とはなりません。むしろ、免疫を正常に保つ役割のあるカルシウムは、積極的に摂取すると良いでしょう。

アスリートが服用し続ける理由は?

主に、運動能力(瞬発力・持続力)の向上、骨ケア(骨密度低下)、発汗による攣り・痙攣・細胞収縮による肉離れ、交感神経のバランスを整えイライラを押さえ集中力を高める、などが目的です。もちろん、普段の生活のためにも飲用を続けています。
 

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
Facebookもチェック