妊婦と出産とカルシウム

普通から不足がちなカルシウム。妊娠期には特に必要となりますが、普段よりさらに不足しがちになるのも事実です。大切な時期だからこそ、カルシウムの摂取にも、普段以上の気遣いが必要となります。

妊娠期にカルシウムが必要な5つの理由

  1. 受胎には、カルシウムがキューピット
    生命誕生の最初にカルシウムがかかわります。詳しくはこちら
  2. 赤ちゃんの骨はママからのプレゼント
    3.5kgの赤ちゃんの骨には、少なくとも50gのカルシウムをお母さんからもらうのです。
  3. 安産とカルシウム
    安産のための骨盤の形成と維持にもカルシウムが活躍しています。
  4. 正しい陣痛のためのカルシウム
    カルシウムは陣痛が強く規則正しく起こるために、信号として働きます。
  5. 母乳と産後の母体の回復に
    授乳中の女性は、2倍ものカルシウムが必要になりますし、消耗した母体の回復にも必要量が増えます。

妊娠期に、これほど必要なカルシウムですが、 実は妊娠期以外でも、日本人のカルシウム摂取量は、不足しているのが現状です。
普段から不足しがちなカルシウムを上手に摂る工夫が、妊娠期にはとても大切なことになるのです。

意外に知られていないのが、栄養過剰の栄養失調

グルメ時代の今日、豊富な食物源によって炭水化物、脂質、たんぱく質は過剰になっていますが、それを代謝するために必要なビタミン、ミネラル、食物繊維などが不足しています。それが現代日本の食生活です。
なかでも、日本人の平均カルシウム摂取量は、この20年間に栄養摂取基準を満たしたことがありません。


その原因の1つは牛乳・乳製品の摂取が少ない事。カルシウムが豊富に含まれる牛乳・乳製品の摂取が、日本人は欧米諸国に比べるとまだ少ないのです。また、日本の土壌にカルシウムが少ないため、水や野菜にカルシウムが少ししか含まれない事も原因の1つです。
カルシウムは努力して摂らないと不足する栄養素です。
特に、妊娠期の女性や胎児にとって、カルシウムは非常に重要な栄養素です。
妊娠・出産期にある女性はプラス300mg、母乳で育児をしている場合はプラス500mgのカルシウム摂取が必要になります。
そこで、国は「健康日本21」でカルシウムの摂取増加を目標に「カルシウムに富む食品の摂取量の増加」を提示しています。牛乳・乳製品はもちろんのこと、牛乳・乳製品以外でカルシウムを多く含む豆類、緑黄色野菜を少しでも多く食べることで、カルシウム不足の解消を訴えています。

日本人の栄養素の平均充足率(所要量に対する実際の摂取量の場合) 今までカルシウムだけは摂取基準を一度も超えていません

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら